心にうつりゆくよしなしごとを、そこはかとなくかきつくれば…
2017/08«│ 2017/09| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2017/10
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
15:12:29
最近本当に映画ネタ続きで申し訳ないです
私の映画鑑賞記録も兼ねているので、許してください

保安官ヴァージル・コールと相棒のエヴェレット・ヒッチ。二人の仕事は素早く銃を抜き、敵を撃ち、弾倉を空にしたら即座に弾を込め直すこと。情けは無用。感情を交えれば死を招く。新たに町に着任したコールとヒッチ。目的は人殺しランドール・ブラッグ(ジェレミー・アイアンズ)に正義の裁きを下すこと。そんな彼らの許にある日、謎の女が現れる。レネー・ゼルウィガー扮する女が持っていたのは、わずか1ドルの金としたたかな心。彼女との出会いが男の鋼鉄の心を狂わせ、そしてアパルーサという名の町に血が流される。


アパルーサの決闘 特別版 [DVD]アパルーサの決闘 特別版 [DVD]
(2010/04/21)
エド・ハリス、ヴィゴ・モーテンセン 他

商品詳細を見る


私が好きなヴィゴ・モーテンセン
彼の映画は全部観たと思っていたのですが、
観ていない映画を発見
それがこの「アパルーサの決闘」です。

渋い西部劇です
でも、古臭くない古典映画という感じでなかなか好きでした
過去に映画でヴィゴの敵役を演じたエド・ハリスの監督主演作品。
だからかな普通の西部劇とは、少し違う雰囲気。
役者さんも登場人物は少ないけど、有名どころばかり。
これはエド・ハリスの力なんでしょうね。
時々くすっと笑わせてくれる場面もあって、面白い映画でした。
ヴィゴはこんな寡黙な役をさせたら上手いな~

西部劇がお好きな方にはおすすめします。
りょうりんおすすめ度は


Category:映画コメント:0│ トラックバック :--

コメント
コメントの投稿










最近のコメント
counter

現在人が見てます
最近の記事
リンク
このブログをリンクに追加する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
QRコード
QRコード
ブログ内検索
カテゴリー
プロフィール

りょうりん

Author:りょうりん
とにかく何かを作ることが好きな、ごくフツーの主婦…
だと自分では思ってます(笑)。
カエルグッズが好きなカエラー。
パソコン教室のスタッフでもあります。

RSSフィード
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。