心にうつりゆくよしなしごとを、そこはかとなくかきつくれば…
2017/08«│ 2017/09| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2017/10
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
17:50:16
私…X-MENシリーズは好きで、全作観ています
DVDも持っています
前作のスピンオフ「ウルヴァリン:X-MEN ZERO」も好きでした
だから今作の「ウルヴァリン:SAMURAI」も絶対観なきゃ
ヒュー・ジャックマン大好きだし
と思って、先日のバザーのおかげで代休だったを連れて観てきました。



う~ん…まず主役級の日本人女性ふたり…
どうしてそんなに変わった顔のふたりを使ったのだろう
そして、どうしてこのふたり日本語になった途端芝居の下手さが際立って
聞いてられない観てられない
真田広之はもちろん上手いけど、台詞が古臭すぎておかしいし
原田って日本人役の男性も、日本語喋りだした途端日本人じゃないのがわかる
日本語の下手さ多分韓国人
忍者役できる日本人も探せばいただろうに…。

そして、ハリウッド映画にありがちな「日本」の設定がおかしすぎる~
ボディガードだかSPだか知らないけど、そんなスーツの人がマシンガン構えて
警護してるなんてあり得んし~
そんな葬式ないし~そんなにヤクザが街中で発砲してたら警察来るやろ~
日本じゃそんな不潔な路地に屋台出させてくれないし~
長崎から東京まで一般道山越えで走ることないと思うし~

…とまあ、今回日本ロケだったり、日本の設定だったので、
そっちに突っ込みどころが満載で、楽しく観ることができませんでした

X-MENなんて「アイアンマン」と同じくありえない話なんだけど、
アメリカの設定だとそんなに感じない違和感を、
日本だとこんなに強く感じるものかと思いましたね。

話の内容も無理過ぎて…X-MENシリーズ最低の映画だと思う…。
「ヒュー・ジャックマンが出ていなかったら救われない」
まで言わしめた映画でした(笑)。

ということで、りょうりんおすすめ度は

評判悪かったはずだ…

Category:映画コメント:0│ トラックバック :--

コメント
コメントの投稿










最近のコメント
counter

現在人が見てます
最近の記事
リンク
このブログをリンクに追加する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
QRコード
QRコード
ブログ内検索
カテゴリー
プロフィール

りょうりん

Author:りょうりん
とにかく何かを作ることが好きな、ごくフツーの主婦…
だと自分では思ってます(笑)。
カエルグッズが好きなカエラー。
パソコン教室のスタッフでもあります。

RSSフィード
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。