心にうつりゆくよしなしごとを、そこはかとなくかきつくれば…
2017/10«│ 2017/11| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2017/12
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
2014/01/15
21:58:28
話題の「永遠の0」を観てきました
実は昨年の春くらいから小説を読んでいたのですが、
前半の途中で中断したままで映画公開までにはと思っていたのですが、
何だか最近は本を読む気になれなくて、全部読破する前に映画を観てしまいました
この小説は面白いから、読み始めたらあっという間に読破するとは思うんですけどね…。


永遠の0 (講談社文庫)永遠の0 (講談社文庫)
(2009/07/15)
百田 尚樹

商品詳細を見る


さて、本題の映画の話。
あらすじはご存じの方も多いので、省略します
いやぁ…いい映画でしたよ。やっぱり泣いちゃいました
主役の岡田君をはじめ、キャストもなかなかイメージ通りで良かったと思います。
144分と日本映画にしては長めの映画でしたが、時間を感じさせませんでした。
何より驚いたのがVFXの技術
空母やゼロ戦機があまりにリアルだったけど、VFXじゃなきゃ作れないし…
きっと海外の会社に頼んだのだろうと思っていたら、
日本の「白組」という会社じゃありませんか
邦画をなかなか観ない私は、日本のVFX技術の進歩を知りませんでした(笑)。
ハリウッドにも負けてないね

私は父方の祖父が戦没者で、祖母は若くして未亡人になり、
女手一つで父を育ててきた人でした。
この映画を観ていると、きっと祖母はこんな苦労をしたのだろう…
としみじみ思い。ラストシーンよりジーン
少々ほかの人とはなくポイントがずれていたようです

この話の最後に、夏八木勲さんが
「あと10年もすれば我々世代がいなくなる」という台詞がとても印象的でした。
戦争がいかに愚かなことか…後世に伝えていきたいものです。

りょうりんおすすめ度は

久しぶりに邦画を見たけど、日本語なのに字幕付きでした
人気の映画だから見る年齢層が高齢だから(笑)

Category:映画コメント:0│ トラックバック :--

コメント
コメントの投稿










最近のコメント
counter

現在人が見てます
最近の記事
リンク
このブログをリンクに追加する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
QRコード
QRコード
ブログ内検索
カテゴリー
プロフィール

りょうりん

Author:りょうりん
とにかく何かを作ることが好きな、ごくフツーの主婦…
だと自分では思ってます(笑)。
カエルグッズが好きなカエラー。
パソコン教室のスタッフでもあります。

RSSフィード
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。