心にうつりゆくよしなしごとを、そこはかとなくかきつくれば…
2017/04«│ 2017/05| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/06
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
21:59:13
平凡な女子大生アナ(ダコタ・ジョンソン)は学生新聞の取材のため、巨大企業の若手CEOのグレイ(ジェイミー・ドーナン)を訪ねる。誰もが心惹(ひ)かれてしまいそうな容姿でばく大な富を持つグレイは、「君のことを知りたい」と引っ込み思案で恋愛未経験のアナに興味を示す。次第に二人が親密になっていったある日、グレイの自宅に呼び出されたアナは衝撃的な契約を持ち掛けられ……。



この映画、公開中に観たかったのですが、イマイチの評判だったのでどうかな?
と思っているうちに見逃したのですが、原作が面白いと聞いていたので、
と一緒に読もうと思って、電子書籍で半額キャンペーン中に購入していました。
しかし、何度勧めても数カ月たってもが読まないので、私が読もう!と読み始めたら面白い!!
しっかりハマってしまって、続編の「フィフティ・シェイズ・オブ・ダーカー」も買って一気に読みました。
ただこの小説…かなりエロティックな記述が多く…しかもかなり特殊。
内容はすごく面白いんですが、に読むのを積極的には勧めたくなくなりました(笑)。

映画は予告を見る限り、割と原作に忠実な感じを受けたので、本を読んだ私にはいいかも?
と思って今日やっとレンタルで観たのですが、うん!忠実!
ただし、あまりに色んなシーンを取り入れ過ぎで、肝心の2人の心の動きとか、
クリスチャンの心の闇とか、アナの想いが全く分からないから原作を読んでいない人が観たら
こんなにつまらない映画はないでしょう(笑)。
小説を具現化してくれたという点では面白かった。
エロティックな部分も綺麗でソフトに描かれていたし。

この映画を観る方は、是非とも原作を読んでから観ていただきたいです。
りょうりんおすすめ度は
アナはハマリ役だったけど、クリスチャンはもうひとつだったかな…

Category:映画コメント:0│ トラックバック :--

コメント
コメントの投稿










最近のコメント
counter

現在人が見てます
最近の記事
リンク
このブログをリンクに追加する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
QRコード
QRコード
ブログ内検索
カテゴリー
プロフィール

りょうりん

Author:りょうりん
とにかく何かを作ることが好きな、ごくフツーの主婦…
だと自分では思ってます(笑)。
カエルグッズが好きなカエラー。
パソコン教室のスタッフでもあります。

RSSフィード
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。