心にうつりゆくよしなしごとを、そこはかとなくかきつくれば…
2017/07«│ 2017/08| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/09
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
21:57:38
今日は博多座へエリザベートを観に行きました
そう言えば、このブログになってからは、ミュージカルはほとんど観ていないので
もちろんミュージカルネタはありませんでしたよね。
以前から私をご存じの方は、よ~~くわかっていらっしゃるでしょうが、
私は映画だけではなく舞台モノが大好きなんですよ
劇団四季の四季の会には10年入っていたくらい…。
「オペラ座の怪人は」東京、大阪、福岡合わせて7回観たり(笑)
そんな私も、多忙な日々になったので、3年~4年前からは四季の会も退会して、
舞台モノからは縁遠い生活になっていました。

今日のエリザベートも観たかったのですが、4年~5年前に一度観ていたので我慢。
と思っていたら、友達が招待券をもうことになったので、
千秋楽間際に運よく見る事ができました
博多座の15500円A席。いつもは高くて手が出ないので初体験(笑)
日本のミュージカルって、なんでこんなに高いんでしょうね~

前回はエリザベート=一路真輝、トート=山口祐一郎で観ることができたので、
今回はトート初挑戦の武田真治にちょっと興味があったんですが、
ちょうど今日は武田トートの日
ポスターで見る限り、なかなか綺麗で魅惑的なトートだったので期待大
舞台が始まって、トートが登場して…あ、あれっちっちゃい
「死の皇帝」という割には、細くて小柄すぎて迫力に欠けると…
歌も…だったし、魅惑的で若いというだけが取り柄だったかも
山口さんは美しい顔してますが、50を過ぎてますしね(笑)。
エリザベートも歌がいま一つだったし、皇帝フランツ役も姿がいま一つ(爆)。
なんだか「いま一つ」ばかりの舞台で、ちょっと残念でした
これがお金を払って観た舞台なら、悲しかったかも。
観客の中にはスタンディングオベーションを送る人もたくさんいましたが、
一緒に行った友達と私はかなり「腑に落ちない」気分で劇場を去りました

とは言え、かなりの非日常なので、気分転換にはなりましたけどね
来年のミス・サイゴンに期待しましょう

Category:思いつくままコメント:0│ トラックバック :--

コメント
コメントの投稿










最近のコメント
counter

現在人が見てます
最近の記事
リンク
このブログをリンクに追加する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
QRコード
QRコード
ブログ内検索
カテゴリー
プロフィール

りょうりん

Author:りょうりん
とにかく何かを作ることが好きな、ごくフツーの主婦…
だと自分では思ってます(笑)。
カエルグッズが好きなカエラー。
パソコン教室のスタッフでもあります。

RSSフィード
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。