心にうつりゆくよしなしごとを、そこはかとなくかきつくれば…
2017/09«│ 2017/10| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/11
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
2008/12/14
19:53:58
1997年8月31日。チャールズ皇太子との離婚後、充実した人生の真っ只中にいたダイアナ元皇太子妃が、パパラッチとの激しいカーチェイスの末、自動車事故によって急逝した―。事故直後、英国国民の関心は一斉にエリザベス女王に向けられ、たびたび取り沙汰されていたエリザベス女王とダイアナの不仲説への好奇心の対象となった。民間人となった彼女の死に対して、エリザベス女王はコメントをする必要はないはずだったが、絶大な人気を誇るダイアナの死を無視することは、結果的に国民を無視することとなる。民衆の不信感は急激に増大し、エリザベス女王はたちまち窮地に追い込まれてしまう―。
クィーン<スペシャルエディション> [DVD]クィーン<スペシャルエディション> [DVD]
(2007/10/24)
ヘレン・ミレン

商品詳細を見る

以前から観たかったけど、ダイアナ妃の死を暴くような重たい映画かと思っていたので、
なかなか観る気が起きなかったのですが、内容は全くそんな感じではなく、
女王の人間的な面が描かれていて、観はじめたら意外にコミカルで、
テンポもよくてとても面白い映画でした。
とにかくヘレン=ミレンのエリザベス女王役がすごい
まるで本物かと錯覚しまうほどのはまり役オスカーを獲るはずですね
ブレア首相も、チャールズ皇太子もエジンバラ公も多少貧相だけど、
ご本人を彷彿とさせる風貌でちょっと笑えるし…。
これがドキュメンタリーかどうかは定かではありませんが、
そう言う視点ではなく、純粋に映画として楽しめるものだと思います。
りょうりんお勧め度は星5つ

Category:映画コメント:0│ トラックバック :--

コメント
コメントの投稿










最近のコメント
counter

現在人が見てます
最近の記事
リンク
このブログをリンクに追加する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
QRコード
QRコード
ブログ内検索
カテゴリー
プロフィール

りょうりん

Author:りょうりん
とにかく何かを作ることが好きな、ごくフツーの主婦…
だと自分では思ってます(笑)。
カエルグッズが好きなカエラー。
パソコン教室のスタッフでもあります。

RSSフィード
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。